株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:宇野 康秀)のグループ会社である株式会社USEN Media(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成内 英介)が運営する訪日外国人向け飲食店紹介サイト『SAVOR JAPAN』は、直近2022年12月に行われた飲食店予約の集計調査を実施しました。その結果、12月飲食店予約数は、前月比152.5%・前々月比282.5%の大幅伸長を示し、コロナ前ピークの2019年12月を上回る過去最高値となりました。

■訪日客の飲食店予約、コロナ前ピークを上回る 『SAVOR JAPAN』における飲食店予約数は、2022年9月23日の海外個人旅行(FIT)解禁発表から急増し、以降も日々伸長を続けています。2022年12月実績は前月比1.5倍を超え、コロナ以前からの推移を見ると、すでに2019年当時の実績を上回り同月比103.5%まで伸長となっています。 国・地域別予約上位は、FIT解禁後の9月~12月累計で香港(36.3%)、台湾(17.8%)、アメリカ(10.1%)、シンガポール(9.9%)、韓国(7.7%)の順、12月単月では香港(38.2%)、台湾(19.7%)、韓国(9.0%)、アメリカ(8.9%)、シンガポール(7.9%)の順となりました。 2022年12月単月の予約データから来店希望日の分布を見ると、予約から来店までのリードタイムは比較的短く、特にクリスマスから年末年始にかけてのイベント時期のニーズが大きく全体を押し上げていることがわかります。 ■12月の訪日外国人、137万人 日本政府観光局(JNTO)が1月18日(水)に発表した2022年12月の訪日外国人数*(推計値)は137万人となり、前月比約1.5倍となりました。前年同月比は112.4倍、新型コロナウイルス感染症の影響が出る前の2019年同月に比べると45.8%減と6割近くまで回復しています。 2022年12月の訪日客数を単純日割りで計算すると1日44,194人で、11月より13,044人増加。2022年(期間:2022年1月~2022年12月)の累計は383万1,900人で、2019年比88.0%減、過去最少を記録した2021年比で1,458.6%増となり、3年ぶりに増加に転じています。 国・地域別トップ5は、韓国の45万6,100人、台湾の17万200人、香港の14万1,300人、アメリカの10万9,500人、タイの8万3,000人でした。 日本人気や円安を追い風にインバウンド需要は予想以上のスピードで回復しており、各国の規制緩和や国際線の増便を受けて、今後さらに外食ニーズが集まる見通しです。訪日観光の柱の一つとなる飲食店のインバウンド集客対策の拡大強化が求められています。 ■『SAVOR JAPAN』掲載に関するお問い合わせ https://hitosara.com/success/savorjapan/ ■本調査について ・概要 集計対象:『SAVOR JAPAN』を通じて行われた全国の加盟店への予約送信日を起点とした集計データ(リクエスト予約を含む) ・本調査結果引用時のお願い 本調査結果を引用される際には、クレジットに「SAVOR JAPAN/株式会社USEN Media(USEN-NEXT GROUP)調べ」と明記してください。またWEB上で引用いただく際は、『SAVOR JAPAN』(https://savorjapan.com)のリンク付与をお願いします。 ■『SAVOR JAPAN』について https://savorjapan.com 訪日外国人向けグルメサイトとして現在16,000店以上を掲載。良質な飲食店紹介や安心品質の翻訳、日本食のマナーをトップシェフが教える動画など、「質」にこだわったコンテンツが多くの外国人観光客の支持を集め、2019年3月には利用者数においてインバウンド向け専門グルメサイトNo.1に認定されました。(東京商工リサーチ調べ) – Facebook(英語版) https://www.facebook.com/savorjapan/ – Facebook(繁体字版) https://www.facebook.com/tw.savorjapan/ – Instagram(English) https://www.instagram.com/savor_japan/ – Instagram(Korean) https://www.instagram.com/savor_japan_kr/ ■会社概要 会社名:株式会社USEN Media 所在地:東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア 代表:代表取締役社長 成内 英介 設立:2017年6月16日 URL:https://usen.media 【飲食店の今と未来に貢献する】をミッションとし、メディアを通じて「店」と「人」をつなぐ取り組みを推進。料理人掲載数No.1グルメメディア『ヒトサラ』、食のEC『ヒトサラ CHEF’S MALL』、インバウンドグルメサイト『SAVOR JAPAN』の運営をはじめ、SNSや動画チャネルの展開、外部パートナーとも連携した「集客DX」の推進支援により、新たなビジネス機会の創出、効率化など、店舗経営を支えるサービスの提供に注力しています。