USEN-NEXT GROUPの株式会社 USEN Media(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成内 英介、以下、当社)が運営する料理人の顔が見えるグルメメディア『ヒトサラ』は、農林水産省から委託を受けて当社が行っている「Go To Eat キャンペーン」において、ユーザーに付与した【ヒトサラGoToEat特別ポイント】の有効期限を2021年6月30日まで延長することを決定しましたのでお知らせいたします。 ■新しい日常で、おいしい食事 「Go To Eat キャンペーン」は、農水省が進める官民一体の飲食店・生産者支援事業です。当社は、新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けている生産者・飲食店の支援と、これから求められる「新しい生活様式」に基づく外食の楽しみ方の普及・定着を目指し、本キャンペーンに参画しています。 「GoToEatキャンペーン」は多くのユーザーから支持を集め、2020年11月中旬には予算上限に達したためポイントを付与する予約受付が終了となりましたが、年明けの感染再拡大による緊急事態宣言や時短要請等を受け、未消化のポイントを残したままキャンペーンの終了(当初予定:3月31日まで)が近づきつつあります。 飲食店支援に向けられるべきポイントが十分に消費されていない現状を踏まえ、当社では「ヒトサラGoToEat特別ポイント」利用期限を2021年6月30日まで(※)延長します。※6月30日23時59分予約操作完了分まで(予約来店は最長で8月31日まで) 詳細はこちら:https://hitosara.com/contents/gotoeat/ ■これからでも間に合う「GoToEatポイントが使えるお店」参加店舗募集中 キャンペーン延長により「ポイント利用の来店予約」活性化にふたたび期待が集まっています。当社は加盟店様からの「GoToEatポイントが使えるお店」へのエントリーを引き続き承っており、また、通常のポイントが貯まる・使える「ヒトサラPOINTが使えるお店」も続々拡大中です。貯まったポイントを予約で利用することで、飲食店にとっては客数回復につながり、ユーザーの方々にとってはお得に外食を楽しみながら飲食店を応援することができます。 当社は、この取り組みが、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けている生産者・飲食店の支援と、新しい時代の新しい日常で「食」を楽しみにしているユーザーの皆様との出会いをつなぐ後押しになることを期待し、全国の飲食店により多くの顧客接点を提供することで外食業界に貢献していきます。 ■新型コロナウイルス感染拡大予防に関する『ヒトサラ』の取り組み ・ヒトサラ安全宣言:https://hitosara.com/info/20200601.html ・感染予防対策に取り組む飲食店一覧:https://hitosara.com/scene/eisei/ ・ヒトサラGoToEatキャンペーン:https://hitosara.com/contents/gotoeat/ ・GoToヒトサラ限定キャンペーン:https://hitosara.com/info/point.html ・オフピーク・フレックス 食を楽しむ新しい時間:https://hitosara.com/info/offpeak.html ■料理人の顔が見えるグルメメディア『ヒトサラ』 https://hitosara.com 『ヒトサラ』は、14,000人を超える料理人情報を掲載する「料理人掲載数No.1グルメメディア」(※)です。首都圏や観光主要都市を中心に全国各地の人気店・評判店やそのシェフたちの想いを紹介しており、デートや会食など大切なシーンでお店選びにご利用いただいています。また食のプロである料理人が行きつけを教える「シェフがオススメするお店」、編集のプロによるオリジナル編集記事など、食に関心の高いユーザーに向けたコンテンツで、新たなお店の見つけ方・外食の楽しみ方を提案しています。 ※2018年3月株式会社東京商工リサーチ調べ